便秘体操

便秘で困っていませんか?
便秘体操をして腸に刺激を与えてみましょう!
それで少しでも便秘の予防になればよいのです。

便秘体操にはいろいろなものがあります。
自分にあった便秘体操を見つけて毎日実施してみましょう。

ここでいくつか便秘体操をご紹介したいと思います。
・簡単「の」の字マッサージ
あお向けになり、おへそのあたりに手を置いて、「の」の字を書くようにしてお腹をマッサージします。こうすることで大腸が刺激され便秘解消につながります。
お腹が張っているな、なんかスッキリしないなと思ったらまずはこの簡単便秘解消体操をしてみましょう。

・ 左右ねじり体操
あお向けになって、右ヒザをたてて息をゆっくりと吐きながら左側に倒していきます。この時、顔と上体はヒザとは反対に右側にゆっくり向けていきます。これを数回繰り返し、次に左ヒザをたてて息をゆっくりと吐きながら左側に倒していきます。この時、顔と上体はヒザとは反対に左側にゆっくり向けていきます。そしてこれを数回繰り返します。
これは高齢者の人にも簡単にできるので試してみると良いでしょう。

・ 体育座り体操
まず、息をゆっくり吸いながらヒザをたてて体育座りをします。その時、左足のスネあたりに右手をまわし、右足のスネあたりに左手をまわし腕をクロスさせます。次にその状態のまま後ろにゴロンと倒れ、あごを引き、かかとをぐっとお尻に寄せ、息をゆっくり吐きながら体全体を丸めてしばらくその状態を保ちます。こうすることで腸が刺激されます。

・ 金魚体操
まず、あお向けに寝て体を伸ばします。次に頭の後ろで腕を組み足は足首から先を直角に立てます。これで金魚体操の準備ができました。その次に足を閉じたまま体全体をくねくねと左右に動かします。これを2?3分やることで腸が刺激され便秘解消につながります。金魚体操のポイントは腸がゆれるような感じで動かすことです。

このように体操をして体を動かし腸や内臓に刺激を与えることで、腸に止まっていた便が送り出され便秘の改善につながります。難しい体操ではないので、お腹がちょっと苦しいなと思ったらちょっとやってみるといいでしょう。
体操の他、ヨガや腹筋、腹式呼吸なども便秘の予防や改善に効果があります。
特に女性は腹筋を鍛えるようにするといいでしょう。
女性は腹筋が弱いために便を送り出す力が男性と比べて弱く便秘になりやすいと言われています。また、腹筋が弱いために胃下垂になり、腸が圧迫されていることで便秘になる女性も多いと言われています。

便秘予防、改善のために便秘体操プラス腹筋を取り入れ、是非お腹すっきりの毎日を過ごしてください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 便秘体操

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.i-sub.net/mt41/mt-tb.cgi/141

コメントする

このブログ記事について

このページは、isubが2008年4月15日 15:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「便秘と食事」です。

次のブログ記事は「女性の便秘」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1