便秘: 2007年10月アーカイブ

便秘の種類

便秘がちのためいつもお腹がすっきりしない、顔がブツブツになるなど便秘で悩んでいる人は多いと思います。

排便の回数が少ない場合や排便が順調に行われない場合、3日以上排便していない場合は一般的に便秘といわれています。しかし便秘の詳しい基準は決められてはいないようです。3日排便していなくてもそれが通常の排便ペースである人にとってはそれは便秘でないと言うことができます。また、毎日排便していても量が極端に少ない場合はいくら毎日排便があっても便秘でないと断定することはできません。このようにその人の排便リズムや量などによって便秘かどうかは変わってきます。

便秘は吹き出物、ニキビ、肌荒れなどを引き起こしたり、新陳代謝低下の原因となったり、腰痛や痔、大腸癌の原因の1つとなったりとさまざまなトラブルや病気につながっています。すでに便秘の人、また便秘がちの人はたかが便秘と甘く見ず、早めに便秘解消するようにしましょう。便秘を解消することは健康維持につながっていきます。
便秘を解消するにはまずは自分自身の便秘の種類をきちんと把握することが大切です。

便秘には急性便秘と慢性便秘があります。
急性便秘には一過性単純便秘、器質性便秘があります。
急性便秘の一過性単純便秘はストレスや、旅行時の環境変化、水分不足、運動不足などにより一時的に起こる便秘です。この便秘の場合は旅行から戻ったり、ストレスを取り除いたり、水分をしっかり補給したりするなど便秘につながった原因を解消することで改善・解消することができます。
器質性便秘は腸の炎症や腸閉塞、腸捻転などなんらかの体の病気が原因で起こる便秘です。この便秘の場合、腹痛や吐き気を伴うことがあります。器質性便秘の場合は早めに病院に行きましょう。
慢性便秘には機能性便秘と器質性便秘があります。
慢性便秘の器質性便秘も急性便秘の場合と同様に腸の機能低下や腸の病気などが原因で起こります。この場合も早めに病院に行くようにしましょう。
慢性便秘の機能性便秘はよくみられる便秘で常習便秘とも呼ばれています。機能性便秘には結腸性便秘、直腸性便秘、けいれん性便秘の3つの種類があります。結腸性便秘は腸の運動や能力の低下、筋力の低下などにより腸のぜん動運動が弱くなることで起こります。また、直腸性便秘は直腸にたまった便に対して神経が鈍くなり、便意を感じなくなることで起こります、けいれん性便秘は腸の働きが強過ぎることで起こるもので便秘と下痢を繰り返す場合もあります。

自分自身の便秘の種類を把握して、あなたに合った便秘解消対策をするようにしましょう。

このアーカイブについて

このページには、2007年10月以降に書かれたブログ記事のうち便秘カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは便秘: 2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1