isub: 2007年12月アーカイブ

便秘予防

便秘になると肌が荒れたり、食欲がなくなったり、お腹がいつも気持ち悪かったりするため日常生活を快適に過ごすことができなくなってしまいます。便秘にならない生活を心がけ快適な毎日を送りましょう。

便秘を予防するために次のことに注意しましょう。
・ 3食バランスよくしっかりとりましょう。
バランスのいい食事はお腹のリズムを整え、排便をスムーズにします。
・ 食物繊維をしっかりとりましょう。
食物繊維は便の量を増やし、腸管を刺激して排便を促がす効果があります。食物繊維を多く含む野菜や
果物、海藻類などを意識して摂るようにするといでしょう。
・ 油脂類を適度に摂りましょう。
脂肪は腸粘膜を刺激し、便がスムーズにでるように働きかけるため、便秘予防のためには適度に油脂類を取る必要があります。油脂類をとらないダイエットを続けると便秘につながることがあります。気をつけましょう。
・ ヨーグルトや乳酸飲料を摂りましょう。
乳酸菌を含む食品を摂ることで善玉菌を増やし腸内環境を整えることができます。
・ 水分をしっかりとりましょう。
しっかりと水分補給をすることが快便につながります。また朝起きた時にコップ1杯の冷水を飲むと腸が刺激され排便が促がされるのでオススメです。
・ 適度に刺激物を摂りましょう。
香辛料、酢、アルコールなどの刺激物を適度に摂取することで腸が刺激され便秘が促がされます。
・ 体を冷さないようにしましょう。
特にお尻やお腹、腰などを冷さないようにしましょう
・ 便意を感じたら我慢せずにすぐにトイレに行きましょう。
我慢をしていると神経が麻痺し便意を感じなくなってしまい便秘になることがあります。
・ 適度に運動をしましょう。
運動することで腸の働きが活発になり排便がスムーズになります。腹部マッサージや腹筋なども快便につながります。
・ しっかり睡眠をとりましょう。
睡眠をしっかりとり便秘の原因となるストレスや疲労をなくしましょう。

けいれん性便秘の場合は通常の便秘予防の食事と注意点が異なるので注意が必要です。通常の便秘は腸の動きが弱まることで起きますが、けいれん性便秘は他の便秘と違い腸が過剰に動くことで起きます。そのため腸の動きを刺激する食物繊維や香辛料、酢、アルコールなどの摂取は控える必要があります。

便秘を予防するためには規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動などが大切になります。普段から便秘にならない生活サイクルを作り、お腹すっきりの健康な毎日を送りましょう。

このアーカイブについて

このページには、isub2007年12月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはisub: 2007年11月です。

次のアーカイブはisub: 2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1